英語学習ー英字新聞とTIMEで英語力向上

School bridges China ー Japan gap


多様な国籍、民族の学生・学習者のための教育機関であるインターナショナルスクールに我が子を通わせる日本人の親が増えてきている。

しかし、ひと昔前はインターナショナルスクールへの視線は厳しいものだった。

現在、日本国内におけるインターナショナルスクールは、昨今の国際化に伴い、その形態も学校法人化された私立学校から寺子屋的な無認可校まで多様となっている。

近年急成長を遂げる中国。冷凍ギョーザ事件、著作権無視の海賊版など中国に対するわれわれの見方は良くないかもしれない。

そんな中、日本人両親が日本にある中国人学校に子供たちを入学させているのだという。The Japan Timesの「School bridges China-Japan gap」がその様子を記事にしている。


その記事を要約すると、

「中国について、ただテレビで見たことだけで判断するのではなく、実際の対人関係から考えを形成することが重要。日本にある中国人学校には中国人だけではなく、近年は日本人も養育理念にひかれ通わせるようになっている。」


The Japan Times
School bridges China-Japan gap
Historic Yokohama institute seeks to nurture Chinese values, equip pupils for life in Japan
Tuesday, Dec. 23, 2008
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fl20081223zg.html


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。